カテゴリー「よみもの」の21件の記事

母べえ  全1巻

点訳データ ダウンロード

野上 照代著 中央公論新社 2007年12月

■太平洋戦争前夜、治安維持法で検挙された父と、留守を預かる母娘。そこには、暗い時代をも照らす家族の絆があった-。黒沢映画のスクリプターを務めた著者が、両親への鎮魂を込めて綴った一冊。2008年1月公開映画の原作。


猫か花火のような人   全1巻

点訳データ ダウンロード

十八鳴浜 鴎(くぐなりはま・かもめ)著 北日本新聞 2008年1月

■第42回北日本文学賞(北日本新聞社主催)選奨 2008年1月7日付け 北日本新聞掲載より。著者の本名:菊池 武文


虹の生涯 下  新選組義勇伝  全5巻

点訳データ ダウンロード

森村 誠一著 中央公論新社 2006年12月

■将軍家、会津藩、新選組の陰供して、幕末の血飛沫の中を潜る老お庭番たち。最後の武士としての生き様を描く歴史時代巨篇。


虹の生涯 上  新選組義勇伝 全5巻

点訳データ ダウンロード

森村 誠一著 中央公論新社 2006年12月

■世間で厄介者扱いのご隠居お庭番四人組は、密命により新選組の影の支援者に。時代は動乱の幕末を迎える中、桜田門外の変を垣間見、武士の魂を奮い立たせた!!四人組の活躍を通して新選組の全軌跡を追う歴史巨篇。


晩鐘 続・泣きの銀次 全4巻

点訳データ ダウンロード

宇江佐 真理[著] 講談社 2007年11月

■小間物問屋・坂本屋銀佐衛門こと銀次も40歳。殺された妹と同じ名のお菊を助けたことから、再び十手を握って、江戸市中を騒がす娘拐かし事件の解決に乗り出して…。死人を見ると涙が止まらない、かわった岡っ引き・銀次復活!


城山三郎が娘に語った戦争  全2巻

点訳データ ダウンロード

井上 紀子著 朝日新聞社 2007年8月

■「残された者のつらさが、痛いほどわかった」と父が戦争を語り始めたのは、母の死後だった。城山三郎が娘にいい残した、生きていくうえで大事なこと、人が最後にしなければならない仕事とは。


頭が良くなる!雑学の王様  全4巻

点訳データ ダウンロード

幸運社編   PHP研究所  2007年2月

■ ”見よ あれが雑学の星だ”・・・ホワイトハウスはなぜ白い? 「ハンカチは正方形」とおふれを出した人物は? マッキントッシュのアップルマークがかじってあるのはなぜ? 学校で教えてくれない様々な雑学を紹介、これ1冊で知的レベルがぐーんとアップする!!


ただ栄光のためでなく  全6巻

点訳データ ダウンロード

落合 信彦著  集英社 1988年5月

■世界中のオイル・マンから「ザ・ギャンブラー」と恐れられた一人の日本人。彼をめぐるさまざまな人間たちの出会いと友情を、かつてないスケールで描く国際ノンフィクション・ノベル。


めぐらし屋  全2巻

点訳データ ダウンロード

葉室 麟著  文芸春秋  2007年7月

■偶然が偶然を呼び、どうしてこんなことが?というような繋がりが生まれる、ってことありません?

主人公の「蕗子さん」が記憶と謎に導かれて向かった先は…。

   


聞き屋 与平--江戸夜咄草(ききや よへい えど よばなしぐさ) 全4巻

点訳データ ダウンロード

宇江佐 真理(うえざ まり) 著  集英社 2006年5月

■日暮れの江戸両国広小路、商家の裏手口から男が現れる。深編み笠に、着物の上には黒い被布。置き行灯をのせた机と腰掛は二つ。一つは男が使い、一つは客のためのもの。男は黙って話を聞く。ただ聞くだけだ。が・・・。人の心の機微を描く時代小説。  ☆おもわず語ってしまう胸のうち。(傾聴ボランティア??)